迷った時のオススメ

2022/06/13 ブログ

皆さんこんにちは、遠山です。

 

ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

さて、本日は色について。

 

家づくりをしていく中で「色」を検討する場所が結構ありますよね。

 

例えば、キッチンや洗面化粧台、洗面化粧台などの住宅設備。

 

他にもクロス、フローリング。

 

引越し前には家具やカーテンなどもありますね。

 

住宅設備なんかは先に決めないといけないので、

 

考え始めて悩み、ショールームで実際に見てみるとさらに悩み…。

 

ホントよくある話です。

そんな悩まれている方へ、今回は一例として「ユニットバス」について。

 

ユニットバスも浴槽、エプロン、フロア、壁パネルと色決めがあります。

 

その中でも迷うのは「壁パネル」

 

各メーカー、色・柄が何種類もあり、一面だけアクセントで色を変えるか、

 

それとも全面好きな色や柄にするのか…迷いますね。

 

メーカーカタログにも、

こんな感じや

(TOTO サザナ カタログより)

こんな感じで

(LIXIL リデア カタログより)

 

色々載ってますから。

 

 

そんな悩みを解消するべく、私が提案するのは「白」

 

そう、真っ白 です。

 

そもそも、どうしても色を入れる必要はないんです。

 

ただ、カタログやショールームの見本では必ず色・柄が入っていますし、

 

ネットで検索する施工例などでもほとんどがそうだと思います。

 

しかしながら、「白」が意外とイイんです。

 

これは実際に弊社で施工したもの。

これは、MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトで開発されたユニットバス。

 

こんな感じでシンプルでスッキリした空間がつくれます。

 

また、全体を白くすることで明るさや清潔感がより感じられる空間に。

 

 

実は、設計事務所の物件やリフォームの物件ではこの真っ白がよく採用されています。

 

シンプルで飽きのこない物ほど、デザインとしても長持ちします。

 

もし今迷っている方がいらっしゃいましたら、

 

思い切ってこの「白」を採用してみてはいかがでしょうか?