「間取り」のこと

2021/06/03 ブログ

みなさんこんにちは。

建築家住宅R+house担当の遠山です。

「寒い」より「暑い」が好きな私にとってだいぶ過ごしやすくなってきました。

 

それでもやっぱりお家は「夏は涼しく、冬暖かい」方が良いですよね。

そんなお家をつくりたい方は是非ご相談下さい。

 

さてみなさん!注文住宅の楽しみは何だと思いますか?

色々あるかと思いますが、1つは「間取り」ですかね。

注文住宅は既に間取りが決まっている建売住宅や企画住宅とは違って、

家族のライフスタイルに合わせて、間取りや設備など自由にできる事だと思います。

でも、間取りを自由に作れても、お家が完成し住み始めてから、

使いづらい間取りに気づいてしまったら、後悔しますよねぇ。

 

それでは、そんな後悔を少しでも減らすためにどうしたら良いでしょう?

さすがにマイホームを何軒も建てて失敗を経験する訳にもいきませんので、

良い方法としては実際に住み始めた人たちから聞いたり、

体験談を聞いたりする事もお勧めします。

 

でも、そんな知り合いが沢山いる方は少ないと思いますので、

私が今まで出会ったお客様から聞いた「間取りの体験談」をお伝えしますね!

 

全部話すのはは大変なので、今回は「子供部屋」について。

こんなお話がありました。

 

 

① 子供が3人いるので子供部屋を3部屋つくりましたが、

子供たちは自分の部屋で寝ないし、勉強もリビングでしているので、

勿体ないと思いました。

社会人になって巣立った後は3部屋とも物置部屋になってしまったので、

後悔しています。

自分の部屋が必要になるのは中学に入ってからだったので、

2部屋だけでも良かったかな~と後悔しています。

 

② 広くて日当たりの良い子供部屋をつくりましたが、居心地が良過ぎて

子供たちはリビングに集まらず引きこもりに近い状態になってしまいました!

 

③ 子供たちの希望でロフトを付けましたが、面白がって使っていたのは最初だけで、

今は使わなくなってしまいました!

もっと他にお金を掛ければ良かったと後悔しています。

 

④ 将来的な事を考えて子供部屋にテレビ端子を設置しました。

その結果、せっかく広いリビングにしたのに、家族みんなバラバラになり、

それぞれの部屋で好きなTV番組を見て過ごす生活に…。

 

以上になりますが、どうですか?

「こんな事もあるんだな~私たちは後悔しないようにしよう!」と

子供部屋を考える時の参考にしていただければと思います。

 

余談ですが、

私は7年ほど前に家を建てましたが、個室は寝室のみ1LDKの2階建てです。

子供は3人(中3、小6、小3の三姉妹)ですが、最初から子供部屋を作らず、

今もありませんし、困る事もありません。

 

 

最後に私から1つだけアドバイスです。

これはお家づくり全体に言えることですが、

まずは「間取り」より、これから「どのように暮らしていきたいか」

ということをご家族みなさんで考えてみてください。

 

どうしてお家が必要なのか、

お家を建ててから毎日家族でどのように過ごしたいのか、

お休みの日にはどんな過ごし方をしたいのか。

これ、すごく大事なことなんです。

 

雑誌やネットで検索して「いい間取り」と紹介されていたとしても

その間取りが皆さんの生活に合っているかは別なのです。

 

R+houseでは経験豊富な建築家が

皆さんの日々の生活や、これからの理想の暮らし方に合わせたお部屋の広さ、

間取りをプランニングし、ご提案いたします。

 

 

お家づくりで気になる事があればいつでもご相談下さい。

お待ちしております。