メンテナンスの重要性

2020/10/10 ブログ

現場監督2号です。

ブログリレーもみんな慣れてきて回転が早くなってきました。ちょうど1か月で回ってきてます。

今回は先日行った定期点検についてお話したいと思います。

木造住宅に長く住む為にはメンテナンスが必要です。
築10年から12年程度で外壁塗装を行う事で漏水を防ぎ柱や梁などの腐朽や白アリから守ります。
室内に水漏れがわかるまでジワジワと壁の中や屋根裏で水が染みていて、わかった時には腐っていたり カビまみれになっている現場を良く見ます。
そうなってからでは手遅れで余計なお金も掛かってきます。
最近では3階建の屋根に原因のあった漏水が2階の室内に水が垂れてきて気がついた現場があります。
壁を壊して調査をすると長年柱を伝っていたせいで 柱はボロボロに腐っていて、15年間メンテナンスをしてこなかったのでこのようになってしまいました。
(写真がその時に壁を壊して発見した腐った柱です。)

遠山工務店では定期点検を行なっております。
写真は先日行った塗装後10年目の定期点検撮影した屋根です。
建物の条件もありますが10年経っても塗装の劣化の少ない状態になっております。いい加減な施工をしない為 長持ちしていることも理由にあるかと思います。点検の結果はまだ塗り替えの必要は無いと判断しました。
これからこちらの家は毎年点検を行い 適切なタイミングで塗り替えのご提案をしたいと思います。

屋根に関しては悪徳業者が蔓延ってます。東京都のホームページで検索すると業務停止命令の下された業者がたくさん出てきます。訪問販売には絶対に騙されないでください。
弊社のお客様でもそのような業者に屋根が一部剥がれてるから早く直した方がいいよと言われたから 見に来て貰える?と連絡が入ることが多々あります。ほとんどの場合、屋根に登っても何も問題ありません。ごく稀に言っていた事とは違う不具合を見つける場合がありますが それは偶然の事です。
そのような訪問販売が来たら、いつもお願いしている工務店がいるから大丈夫と はっきり断ってください。

数日前のニュースではトイレ詰まり補修の詐欺が多発していると言ってました。屋根以外にも色々な詐欺がありますのでご注意ください。