気密測定の大切さ

2020/09/09 ブログ

現場監督2号が久々にブログ更新です。

これから家を建てる方へ遠山工務店の住み心地へのこだわりについて現場監督目線を含めてご紹介したいと思います。

 

 

住み心地を左右するのは高気密・高断熱の性能をいかによくするかが重要になってきます。

写真は屋根のウレタン吹付断熱になります。

厚み160mm以上のウレタン吹付を行い、屋根からの隙間を塞ぎ断熱性能と同時に気密性能を上げております。

壁の断熱は最強のネオマフォームを採用しております。

(ウレタンフォームの場合もあります)

外壁のMDFパネルと一体型になっている製品を外側から気密処理をしながら貼っていきます。

大工さんが一枚一枚コーキングや気密テープなどを使いわずかな隙間を埋めながら貼る作業は手間のかかる根気のいる作業です。

現場監督は柱の隙間を埋めたり、大工さんが施工したパネルを再度隙間がないか確認をしてダメ押しをします。

先ほどのMDFパネルにはタイベックシルバーと呼ばれる最上級の透湿防水シートを貼ります。

ほぼ施主様には見られないまま塞がれてしまうこの材料は外壁から万が一水が入ってしまってもこの防水シートで室内に水が入るのを防いでくれます。

しかも木材に大敵な湿気は逃がしてくれる大切な材料になります。 安い物を使うと劣化が激しく年数が経つと水も湿気も防げなくなってしまいます。

さらにアルミコーティングされており遮熱性もある最高の透湿防水シートです。

建売の現場の透湿防水シートをよく見てください。

白い会社名の印刷されたシートが貼られていると思います。 銀色のシートが良いものだと覚えておいてください。 

ここまで写真でご紹介した資材は塞がれてしまい目には見えない物になります。

この物達をリフォームで取り換えることはめちゃくちゃ大変な工事になってしまいます。

見えなくなってしまう断熱性能にはお施主様にも、とことんこだわって欲しいと思います。

グラスウールを使っている住宅会社を選ぶのはやめてください。

気密処理をしないなんて考えられないです。

他にもサッシや換気システムなどこだわりがありますがこの辺のご紹介は次回にしたいと思います。

こうしてこだわった断熱性能を100パーセント発揮させるには高気密でないと全く意味がありません。

写真は気密測定をしているところですが、遠山工務店では全棟気密測定を実施しております。

C値0.5以下を目指して 大工さん、監督、設計 一丸となって取り組んでおります。

気密測定を行ってない建物は本当に高気密住宅かわかりません。

是非 気密測定(C値0.5以下)をしているかどうかを一つの物差しとして住宅会社を選んでみてはいかがでしょうか。

 

このような2階リビングで大きな吹き抜けでもエアコンをガンガン効かせずに快適に過ごせる住宅を皆さんにも知ってもらいたいと思います。

本当に高気密にするためには手間の掛かる作業がたくさんあります。あっという間にできてしまう建売住宅には絶対に無理です。 皆さんには家を建てるにあたり後悔してもらいたくありません。

遠山工務店のような小さな工務店でもハウスメーカーよりも何歩も前を進んでいる会社があります。

名前だけで選ばずたくさん勉強してみてください。

きっと後悔しない家づくりができるかと思います。

現場監督として リフォームの現場で色々な家を見てきました。壊してみると、それはそれはかわいそうな家が… そんな思いをする方々がひとりでも減ればと思って仕事を熱い思いでやらせて頂いております。

現場監督なので工事にならないとお会いできませんがこのブログを見て建てることを決めたよと言ってくれる方が増えればと思っております。

それではお会いできる日を楽しみにしております。

現場監督2号でした。