【チョー狭小住宅のレポート】高性能の家

2020/09/08 ブログ

こんにちは。設計のなつむらです。

今日はお天気で、雨で溜まったお洗濯を片付けすっきり出勤しました。

雨が続きましたが、ジメジメした日でも、高性能の家では、快適に過ごせる体感のお話。

 

我が家は、2018年に弊社で建てた、建坪10坪のチョー狭小の高性能住宅です。

法規上、弊社おすすめの断熱ののウレタンパネルが使用できなかったのですが(←また別のお話で)、熟練した大工さんの確かな断熱材の施工により、気密測定で、壁面積1㎡当たりの隙間が0.5㎠(←遠山工務店のウレタンパネルの家はもっとすごいです!)の、高気密高断熱の住宅を実現しました。

 

家に住んで1年、体感レポート。

自粛生活に伴う在宅時間が長い上に、今年の長梅雨やジメジメに悩まされていたのではないでしょうか?

 

仕事が終わり、毎日「あ~、夕飯作り、洗濯のかたづけ、、、」と大量の家事の待つ家へ、憂鬱になりながら、湿度と暑さに包まれ、更に憂鬱になり、自転車で帰宅するのですが、、、

我が家の玄関を入ると、“なんてことでしょう~あ~涼しい。”

 

澄んだ空気と、外とは違うカラっとした空気に包まれます。

玄関でホッと一息、そして主婦のなつむらへ、気持ちよく変身です。

快適な空間で、サクサク?たまにはのんびり、家事を片付ける事ができます。

 

家事や在宅ワーク、室内が暑かったり、寒かったり、ジメジメしていたりすると、あまりはかどりませんよね。高気密断熱の家はそんな家事やワークを陰ながらサポートしてくれます。

遠山工務店の高気密高断熱は、外壁・屋根・基礎の断熱と24時間換気による空気の循環により快適な空間を生み出します。

 

こだわりの注文住宅に、表では見えない感動を遠山工務店では提供していること、体感した今年の自粛の梅雨~夏でした。

これから建てる皆様に、この感動をぜひお届けしてまいります。

遠山工務店の高気密高断熱は、外壁・屋根・基礎の断熱と24時間換気による空気の循環により快適な空間を生み出します。

 

こだわりの注文住宅に、表では見えない感動を遠山工務店では提供していること、体感した今年の自粛の梅雨~夏でした。