ドライエリアの排水ポンプの交換工事

2020/08/05 ブログ

皆さん初めまして。現場監督の瀬畑です。

「スタッフ紹介」に写真が出ています。

これから皆さんのお宅にも伺うことがあるかもしれませんので

覚えてもらえたら嬉しいです。

 

さて、本日はタイトルの通りドライエリアの排水ポンプの交換工事の

様子を紹介します。

そもそもですが「ドライエリア」って皆さんご存じですか?

「ドライエリア」とは地下室と地面の間に設ける空堀りの事を指します。

地下室を設けた際、その環境を快適に保つため湿度調節や陽当たりの確保は

大事なポイントです。

そのために欠かせないのが「ドライエリア」です。

 

ドライエリアには排水ピットを設けて、雨水が入った時にはポンプで

排水します。

 

今回は7月24日の集中豪雨でポンプが作動せず床上まで浸水してしまった

お客様からご依頼をいただき、まずは当社のポンプでの排水、

その後にポンプの交換工事を早急に実施しました。

排水ポンプの寿命は10年程度

放っておくと不具合が起こりやすい設備なので、

定期的なメンテナンス不可欠です。

皆さんのお宅のポンプは適切にメンテナンスをされていますか?

 

昨年も秋口には台風による大雨もありました。

梅雨が明けて天気の良い日が増えていくかと思いますが、

急な夕立やこれからの台風に備えて計画的なメンテナンスをおすすめ

いたします。

 

その他、お家のちょっとした不具合やリフォームのご相談なども承って

おります。

気になる事がありましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

 

R+house中野  株式会社 遠山工務店

〒165-0027

東京都中野区野方1-44-4 モンシャトー中野新館1F

TEL 03-3389-8161

mail info@to-yama.co.jp

営業時間 9:00~18:00

当店facebookはこちら  http://on.fb.me/1KjEWIp