快適なお家にしませんか?

2020/05/19 ブログ

住宅アドバイザー、営業を担当している遠山と申します。

いつもHPやインスタの更新をさせてもらってます。

突然ですが、皆さんのお家は快適でしょうか?

お家を建てた方へ、実際に住んでからの事についてアンケートを取ると、後悔している

ポイントとして、「収納や間取りを、もうちょっとこうしたかった」や、

「夏暑くて、冬寒い」という意見も多いです。

そう、「夏暑くて、冬寒い」この意見をよく聞きますが、これって本当は解決できるんです。

住宅にも「性能」があり、「高気密・高断熱」のお家をつくることで

「夏涼しく、冬暖かい」快適なお家になるんです。

お家の外からと、中からのエネルギーの行き来を小さくし(高断熱)、ギリギリまですき間

なくす(高気密)、簡単に言ううと、「魔法瓶」のようなお家ですね。

「魔法瓶」って冷たい飲みものはいつまでも冷たく、温かい飲み物はいつまでも暖かい

ですよね。

「高気密・高断熱」については以前のブログでお話ししているので詳細はそちらをご覧

ください。

そして本日は、その「高気密」のお家になっているかどうかを確認する

「気密測定」を中野区の現場で実施しましたので、

その様子をご紹介いたします。

「気密測定」とは…簡単に言うとお家の隙間がどれくらいあるかというのを測定します。

測定方法はというと、

 

・バズーカー砲みたいな機械で窓1箇所から室内の空気を外へ強力送風で排出します。

その窓は、当然ボードなどで機械と窓開口の隙間を気密処理して計測します。

 

・気密測定の時に塞いでいい部分は、「給気口」「換気扇のダクト」「設備機器の排水口」

のみとなります。当然サッシは、閉めた状態です。

・一気に建物内部の空気を屋外に排出しますので、建物内部は一時的に負圧の状態に

なります。

その後、時間とともに色々な隙間から屋外の空気が入ってきて、外部と内部の気圧差は

同じになります。

その内外部が同じ気圧になる時間などから、その建物の気密性能を評価します。

 

なんとなくわかりました?

要は家の中の空気を外へ出して、すき間から入ってくる空気の量を測るという事です。

そして結果はというと…

素晴らしい!0.3㎠/㎡でした!

これがどれくらいのすき間だったのかと言うと、

例えば、延床面積が40坪(132m2)の場合、

C値が5.0なら隙間面積は660cm2(はがき約4.5枚相当分)、

C値が1.0なら隙間面積は132cm2(はがき約0.9枚相当分)となります。

ですので、今回の場合でいうと、お家全体で「はがき半分以下」のすき間ってことですね。

この「気密測定」、実は基準が撤廃されており、義務ではないのでやらない会社さんが

非常に多いのが現状です。

高気密のブログを読んでいただければわかりますが、「気密測定」が重要な意味を持つ

ことは間違いないと思います。

弊社では「気密測定」を毎回実施し、0.5㎠/㎡以下を標準にしています。

 

そして、「隙間の少ない家」=「大工さんの腕が良い」という見極めができます。

腕の良い職人が高性能の建材を施工すると、狂いの少ない良い家をつくれます。

腕の悪い職人が施工すると、どんなに良い建材でも、施工精度が低くすき間の多い家に

なります。

どんなに良い建材を使っても、現場の施工精度が低いとその建材の性能は十分に発揮

できません。

「気密測定」で家のすき間を測定することでそのお家の施工精度を確認することがで

きるのです。

ということで、いかがだったでしょうか?

こちらの内容は「賢い家づくり勉強会」でもお話ししております。

勉強会や相談会は個別でも実施中。

今弊社では、パソコンやタブレット、スマホを使って、お家にいながら簡単にできる

「WEB相談会」を、ほぼ毎日開催中です。

お家づくりを始めたいとお考えの方には「WEB勉強会」も実施しております。

事前予約制、個別対応、もちろん無料です。(無料アプリのZoomを使います)

とは言っても、そんなに時間ないよ~って人もいるかもしれませんがご安心を。

15分くらいのチョットした質問でも全く問題ございません。

気になる事がありましたら是非ご利用下さい。

皆様とお話しができ、少しでもお役に立てることを楽しみにしております。

 

R+house中野   

株式会社 遠山工務店
〒165-0027 東京都中野区野方1-44-4 モンシャトー中野新館1F
TEL 03-3389-8161
mail info@to-yama.co.jp
営業時間 9:00~18:00
当店facebookはこちら  http://on.fb.me/1KjEWIp